バストアップと女性ホルモン

幼い頃は、どの女の子も等しくぺったんこのバストでした。 それが大人になる頃には、大きなバストや小ぶりなバストと、大きさに差が生じてくるようになります。

同じような環境で生活しているはずでも、おのおのが異なるサイズに成長するのです。 そもそもバストの成長やサイズを決定づけているものって何なのでしょうか?

私たちのバストの成長は、おおよそ小学校高学年〜中学校に差し掛かる頃にスタートします。 この頃のバストは、分泌された女性ホルモンの働きかけによって乳腺が発達しはじめます。

まだ脂肪が少なく、成長を始めたバストは、服に擦れたり何かの拍子にぶつかったりすると痛みを感じたりもしますね。 この乳腺を守る為に、脂肪がつき、バストは大きく成長していくのです。

つまり、私たちのバストの成長には女性ホルモンによる働きかけが不可欠だということですね。 バストの成長スタートである乳腺の発達、また乳腺を守る為バストにつき始める脂肪、 これら全ては、思春期に差し掛かる女性の体内で分泌される女性ホルモンによるものなのです。

大人になった私たち女性がバストアップを目指す時、どのような手段が考えられるでしょう? バストを支える胸筋のトレーニング、バストアップに良いとさせるマッサージ、 このような女性ホルモンに由来しないバストアップの方法がたくさん存在していますね。

これらの手段が、全く意味をなさないわけではありません。 その方法もその効果を裏付ける根拠があり、その問題を解決させるのに適切な手段でしょう。

しかし、成長期に女性のバストに成長をもたらした 女性ホルモンの働きを無視したバストアップだけでは、十分な効果は得られないかもしれないのです。 トレーニングやマッサージと併行して、女性ホルモンの働きを意識したバストアップを進めていくことをお勧めします。

女性ホルモンとよく似た働きをする豆腐イソフラボンの摂取で、効果的にバストアップを目指しましょう。